« JUVENTUS in B !!!! | トップページ | 摩訶不思議 ミラン戦 »

2006年5月14日 (日)

短編小説 『歓喜のスカパー復帰』

 ついについに、運命のミラン戦当日にスカパーがわが部屋に復帰しました。

 その事件は、1ヶ月前に起こった。いつものようにローマの試合を観ようとしてスカパーの電源をつけようとしたのだが、何度スイッチを押しても付かないのでリモコンの電池が切れちゃったのかなと思ってわざわざ本体のスイッチを押しに行った。だが、付かない。これはヤバいと思い、最終手段のリセットボタンに手をかけた。そして、『スカパーよ、付いてください』と一念込めて電源に手をかけた。だが、その一念もむなしくスカパーは俺の思いを踏みにじり付かなかった。試合もローマが3点差を追いつかれてしまいまさかの引き分け。それ以降も不本意な戦いが続くが、俺にいたっては試合が観れないためにどんな展開だったのかはほとんど分からないという状況。
 スカパーが映らないこの1ヶ月は本当に苦痛でした。サッカーの試合が観れない以外にも野球中継やGAORAのドラゴンゲートも観れませんでした。
 しかし、今日からはわが部屋に新しく移籍してきた『スカパー弐号機』とともにスカパー生活をしていきたいと思います。セリエAは今日が最終節なので野球やプロレスを見ます。

 Photo_1
 これが、近所のいわくつきの電気屋で購入した『スカパー初号機』。寿命は、わずか1年と2週間という短い命でした。いわくつきの店で、売り尽くしセール品のを買ったのが痛かったです。みなさんも気をつけましょう!!




Photo_2  これが、今日から早速お世話になる『スカパー弐号機』です。まだ、使い方が分からないので、早く慣れないといけません。








  サイト繁栄のため クリック お願いします

|

« JUVENTUS in B !!!! | トップページ | 摩訶不思議 ミラン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JUVENTUS in B !!!! | トップページ | 摩訶不思議 ミラン戦 »