« デ・ロッシ処分決定 | トップページ | グループH ウクライナ対チュニジア »

2006年6月24日 (土)

グループH サウジアラビア対スペイン

 サウジアラビア 対 スペイン


〖スコア〗

 0-1


〖得点者〗

 ス:前36’ファニート


〖スタメン〗

~スペイン~

                    ラウール
           レジェス              ホアキン

              セスク         イニエスタ
                   アルベルダ

        A・ロペス  ファニート  マルチェナ  サルガド

                     カニサレス


〖交代〗

 ス:後0’  ラウール >> ビジャ
   後21’  セスク >> シャビ
   後25’  レジェス >> F・トーレス


〖レポート〗

 一言で言えば期待が大きかった分退屈な試合でした。湧いたのといえばゴールシーンとホアキンの個人技くらいでした。

 得点は、レジェスのFKをファニートが頭で押し込んで決勝ゴール。

 スタメンとベンチがガラッと変わったこともあって、全体的にちぐはぐでした。やはりシャビがいないと中盤のパス回しが行きませんね。セスク、イニエスタも高いパスセンスを見せたもののやはりシャビには及びませんね。後半途中にシャビが入ってからはパス回しが速くなって活性化していました。
 守備陣もマルチェナは見てて怖かったです。体で止めるシーンが何度かあったし。そして、両サイドバックの果敢なオーバーラップが売りですが、この試合では両サイドバック共におとなしかったです。S・ラモス、ペルニアの攻撃参加に比べるともう一つ。
 攻撃陣は開始からホアキンを中心にチャンスを作ったが決めきれずに後半には一気に、ビジャ、トーレスを投入。しかし、途中交代ということもあって不発に終わりました。

 個人的にはサウジアラビアの健闘が光ったと思います。おしいシュートが何度もあったし、果敢に裏を狙っては惜しいシーンがありました。
 スペインは初戦のウクライナ戦でのパス回しやゴールラッシュが頭に焼き付いているので2戦目以降は不完全燃焼な感が否めません。

 最終戦を勝ちで閉めたことはとても大きいですが。


Photo_209Photo_210
 





にほんブログ村 サッカーブログへ

まずはワンクリックおねがいしますm(__)m

|

« デ・ロッシ処分決定 | トップページ | グループH ウクライナ対チュニジア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2355426

この記事へのトラックバック一覧です: グループH サウジアラビア対スペイン:

» FIFAワールドカップ15日目:予選グループ戦は終了 [多数に埋もれる日記]
決勝トーナメント進出チームがすべて出そろいます。 ウクライナ突破なるか 窮地に立つフランス 第14日見どころ=W杯 スポーツナビ Yahoo!スポーツ 2006FIFAワールドカップTM … [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 20:39

» まったりムードもスペイン勝利〜グループH [がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。〜サッカー中心〜]
昨日はグループE・Fと心臓に悪い試合が続きましたが、今日はすでに決勝T進出を決めたスペイン。 ちょっとおだやかな気分で観戦いたします。 (・ω・) ■スペイン1―0サウジアラビア 【ス】前36ファニート スペイン、本日は大幅にメンバーを入れ替えて来ました....... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 22:10

« デ・ロッシ処分決定 | トップページ | グループH ウクライナ対チュニジア »