« 判決は金曜日 | トップページ | グループA コスタリカ対ポーランド »

2006年6月21日 (水)

グループA エクアドル対ドイツ

 エクアドル 対 ドイツ



〖スコア〗

 0-3


〖得点者〗

 ド:前4’44’クローゼ  後12’ポドルスキ

〖スタメン〗

~ドイツ~

                   ポドルスキ    クローゼ

                         バラック
      シュバインシュタイガー               シュナイダー
                        フリンクス

          ラーム   メルテザッカー   フート   フリードリヒ

                         レーマン


〖交代〗

 ド:後21’クローゼ >> ノイヴィル
   後21’フリンクス >> ボロウスキ
   後28’シュナイダー >> アサモア


〖レポート〗

 ドイツはスタメンを休ませずに1位を狙いに来ました。今大会のエクアドルは素早いカウンターを武器に勝ち点を着実に奪ってきた好チーム。守備の不安が浮き彫りになったドイツですが、この試合では2トップの爆発で快勝。

 開始早々、シュバインシュタイガーの折り返しをクローゼが決めて先制。今大会初の宙返りを披露。そして、トーレス(スペイン)とならんで得点王に。

 前半終了前にバラックのふわりと浮かしたパスにクローゼが抜け出して上手いトラップからキーパーをかわして無人のゴールに流し込む。これで、2点目を決めると同時に単独得点王に。

 3点目は綺麗な速攻から。自陣深くでボールを奪ったシュバインシュタイガーが右サイドのシュナイダーに。そして、シュナイダーからポドルスキへピンポイントクロス。これを軽く流し込んで勝負ありの3点目。

 ドイツは守備の要のメッツェルダーを欠いていただけに好調エクアドルにやられるのかと心配したけど代役のフートががんばって無失点に。
 クローゼは得点王に向けて爆進中!!

 今大会のドイツもゲルマン魂を武器に高いところまで行きそうです。


Photo_182 Photo_183






にほんブログ村 サッカーブログへ

ワンクリックで栄えるサイトがある!(パクリ;;)

|

« 判決は金曜日 | トップページ | グループA コスタリカ対ポーランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2319333

この記事へのトラックバック一覧です: グループA エクアドル対ドイツ:

» A組ドイツ対エクアドル。 [kasumidokiの日記]
サッカー、ワールドカップW杯、12日目ドイツvsエクアドル。 ベルリンにて。第3試合。1位通過は……。 (途中、獣王星とひぐらしのなく頃にを見てました……) 1分、エクアドル、チャンス! 4分、ミロスラフ・クローゼ!シュート! アナウンサー、... [続きを読む]

受信: 2006年6月29日 (木) 00:17

« 判決は金曜日 | トップページ | グループA コスタリカ対ポーランド »