« 強竜!好調! | トップページ | 決勝T1回戦 ポルトガル対オランダ »

2006年6月26日 (月)

決勝T1回戦 イングランド対エクアドル

 イングランド 対 エクアドル



〖スコア〗

 1-0


〖得点者〗

 イ:後15’ベッカム


〖スタメン〗

~イングランド~

                 ルーニー

     J・コール                  ベッカム
             ジェラード  ランパード 
 
               
   
                 キャリック   
   

      A・コール   テリー   ファーディナンド   オーウェン・H

                 ロビンソン


~エクアドル~

            C・テノリオ   デルガド

     メンデス                   ヴァレンシア
           カスティージョ   E・テノリオ
 

      レアスコ  エスピノサ  ウルタード  デ・ラ・クルス

                   モラ


〖交代〗

 イ:後32’ J・コール >> キャラガー
   後42’ ベッカム >> レノン
   後47’ ジェラード >> ダウニング

 エ:後24’ E・テノリオ >> ララ
   後27’ C・テノリオ >> カビエデス


〖レポート〗

 本当に退屈な試合でした。今大会のイングランド代表は史上最強チームと呼ばれているが、ここまでは不完全燃焼な試合展開が続いていました。しかし、この試合は今大会のイングランドの試合でも最も退屈でした。

 この試合でイングランドの選手で沸かせてくれたのは、個人技で魅せたルーニーとナイスセービングで魅せたロビンソンの二人です。後の選手はロングボールに終止していました。
 ランパードはこの試合でもいまひとつ。J・コールはほとんど消えていたし、周りとかみ合っていませんでした。綺麗なFKを叩き込んだベッカムも湧かせたのはFKの場面だけ。しかし、このFKはベッカムらしく綺麗な弧を描いて決まりました。
Photo_71
 ルーニーのワントップなのにロングボールって・・・パサーが揃ってんだから足元に集めてあげないと・・・あんなにロングボール多用するならクラウチでしょう!

 守備陣は開始早々にテリーのまずい処理から決定的なシーンを招いたものの、相手が溜め過ぎたのとA・コールのナイスガッツで凌ぎました。

 まあこんなことくらいですね。上でも書いてある通りルーニーがすばらしかったです。イングランドはこの状態を打開しないと優勝はありえませんね。中盤には大会屈指の選手が揃っているだけに綺麗なパスサッカーを見せてほしいですね。



Photo_225Photo_226





 
にほんブログ村 サッカーブログへ

クリックの協力お願いします!

>画像はYahoo!より

|

« 強竜!好調! | トップページ | 決勝T1回戦 ポルトガル対オランダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2388566

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝T1回戦 イングランド対エクアドル:

» オランダvsポルトガルとパッとしないもう1試合 [3?歳のつぶやき....]
オランダの白ユニ なんか格好悪いぞ 今日のオランダは予告通りファンバステンにも斬られたニステルに替わって小野伸二の舎弟カイトだ  今ではずいぶん立場も替わってしまったが・・・ ニステルは不貞腐れて家に帰ったりはしなかったみたいだけど 心中穏やかじゃないでしょう。 しかしこの試合 ファウル=イエローってルールみたいな試合でしたね。 酷い審判でした・・・ 最初のファンボメルのイエローは別にどってこと無いと思うけどなぁ。 その後のブラルースのCロナの太腿跳び蹴りは酷かったけど、2枚目はイ... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 19:16

» 次はイングランド、ポルトガル [orfeo.blog]
決勝トーナメント1回戦(@シュトゥットガルト)イングランド 1-0 エクアドル (@ニュルンベルク)ポルトガル 1-0 オランダ 決勝トーナメント、2日目。イングランドはルーニーの1トップ、ボランチに... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 19:17

» 6.25コラム  ブラジル人の見る目 [ワールドカップブログ]
■ベッカムの直接フリーキック一発で、イングランドがベスト8進出!  決勝トーナメント1回戦も2日目。いよいよ、優勝候補の一角に推されているイングランドの登場だ。相手は南米の新鋭・エクアドル。どちらかといえば、個々の才能よりも組織力を重視するチーム。イングランドから考えれば、戦いやすい相手といえるだろう。  イングランドはFWルーニーをワントップにすえ、MFキャリックをワンボランチに置いた変則的な4-5-1の布陣。一方、エクアドルは中盤が横並びになる従来とおりの4-4-2でスタート... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 20:07

» イングランド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!! [TRICK ROLL UNITED]
<WC 2006 - Round of last 16> イングランド 1-0 エクアドル やっぱベッカムは千両役者。... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 20:07

» フィーゴのポルトガル8強入り(同イングランド) [時評親爺]
残念ながら放映時間の都合で観ることができなかったのだが、決勝T1回戦屈指の好カードである「ポルトガルvsオランダ」戦は、警告16枚で退場者4人と言う乱戦となった(26日付エキサイトニュース・毎日配信その1及び同その2)。前半23分、ポルトガルのマニシェ(チェルシー)がパウレタ(パリSG)のポストプレーに反応してシュートを決め、これが決勝点となったようである。不肖のイチオシ燻し銀のプレーヤー「ルイス・フィーゴ」は、得点にこそ絡んでいないが良い動きをしていたようではある(選手別データ参照→日刊スポーツ)... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 22:38

» イングランドらしい辛勝!?ベッカムFKの威力は流石! [【しろうとサッカー研究所】]
イングランドはブラジルの様に準決勝・決勝にピークを持っていくコンディションを調整してるのかな?(もちろん皮肉です)エクアドルに1−0とベッカムのFKで唯一のゴールを奪い勝利したものの内容は酷かった・・・ 現地の気温が高くて選手にはかなり厳しい環境だったと....... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 23:09

» イングランドらしい辛勝!?ベッカムFKの威力は流石! [【しろうとサッカー研究所】]
イングランドはブラジルの様に準決勝・決勝にピークを持っていくコンディションを調整してるのかな?(もちろん皮肉です)エクアドルに1−0とベッカムのFKで唯一のゴールを奪い勝利したものの内容は酷かった・・・ 現地の気温が高くて選手にはかなり厳しい環境だったと....... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 23:10

» W杯、イングランドがベスト8進出! [Premier通信]
England v Ecuador Result  現地時間25日、W杯決勝トーナメント1回戦のイングランド対エクアドル戦がおこなわれた。 ●イングランド 1− [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 10:33

» 決勝トーナメント1回戦B組1位xA組2位イングランド対エクアドル。 [kasumidokiの日記]
サッカー、ワールドカップW杯、イングランドvsエクアドル。 シュツットガルトにて。 ここまで2戦グループリーグ1位が勝ってるから今日もイングランドが勝つかな? イングランドFKベッカム。 10分、エクアドル21抜け出てGK1対1、チャンス! ... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 16:03

« 強竜!好調! | トップページ | 決勝T1回戦 ポルトガル対オランダ »