« Damiano | トップページ | SAMOURAI BLUE »

2006年6月18日 (日)

グループE イタリア対アメリカ

 イタリア  アメリカ



〖スコア〗

 1-1


〖得点者〗

 イ:前半22’ジラルディーノ
 ア:前半27’OG(ザッカルド)


〖スタメン〗

~イタリア~

                トーニ    ジラルディーノ

                    トッティ

            デ・ロッシ  ピルロ  ペロッタ

   ザンブロッタ   カピターノ    ネスタ    ザッカルド

                   ブッフォン


~アメリカ~

                  マクブライト

      コンヴェイ       ドノヴァン     デンプシー

             マストロエーニ   レイナ 

     ボカネグラ   オニェウ   ポープ   チェルンドロ

                   ケラー  


〖途中出場〗

 イ:前35’  トッティ >> ガットゥーゾ
   後9’  ザッカルド >> デル・ピエロ
   後16’  トーニ >> イァクィンタ

 ア:後7’  コンヴェイ >> コンラッド
   後17’  デンプシー >> ビーズリー


〖警告〗

 イ:前5’トッティ  後25’ザンブロッタ
 ア:前21’ポープ  


〖退場〗

 イ:前28’デ・ロッシ
 ア:前45’マストロエーニ  後2’ポープ


〖レポート〗 

 試合の内容としては退場者が3人も出るという最低なものです。

 アメリカはイタリアに負ければ敗退が決定するということで序盤から気合いがガンガンに入っていました。恕等の攻撃を見せてあわやのシーンを何度も作りました。

 前半22分、先制点はトッティへのファールで得たFKをピルロがスーパークロス。これをジラルディーノがダイビングヘッドであわせて先制。おなじみのヴァイオリンを弾くパフォーマンス。
 ずっと押されていたが、イタリアらしくセットプレー一発で点を奪う。

 前半27分。セットプレーからのクロスをザッカルドがまさかのミスボレーでオウンゴール。前で選手が競り合ってて見にくそうだったけど、あれはないって!!
 パヌッチ・・・  彼がいれば・・・

 前半28分。競り合いからデ・ロッシマクブライトにあからさまな肘鉄を見舞う。これで一発退場に。マクブライトは流血。このプレーはサッカー選手としては最悪のプレーでした。ローマでは控えていたが、まさかのワールドカップでの炸裂!今後は控えてほしいです。

 この日、早々にイエローを貰ってしまったトッティに変えてガットゥーゾ投入。この試合のトッティは早々にカードを貰ったし、プレーでも精彩を欠いていました。

 ペロッタもこの試合では前の試合のような精力的なプレーは観れませんでした。

 デ・ロッシ。この試合は最低の試合になりましたね。チェコ戦には出れないですが、落ち込まずに頑張ってほしいです。

 ピルロはかなりいいですね!大会前は大スランプでアズーリはどうなるんだと心配してたけど好調でなによりです。この人に時間とスペースを与えたら一撃必殺のキラーパスが出ますね。デル・ピエロへのおしゃれなパスはめっさ惚れた。シュートも上手かったし、決まってたら大会ベストゴールに間違いなく入っただろうな!

 それにしても、ガーナ同様アメリカも気合いが入りまくってましたね。ミドルシュートもよし、組織力もよし、守備もよしと苦しめられましたね。それに対してイタリアはガーナ戦のようなパス回しはなく、ほとんどの選手の足が動いていませんでしたね。
 ネスタ、カンナヴァロのバックは本当に鉄壁です。カンナはこれまで国際大会ではイエローをよくもらって肝心な試合に出れなかったけど、今回は安定した守備を見せてます。
 守備陣は、ネスタ、カンナの好調。その後ろには、ブッフォンが控えていることもあって安心して見られますが攻撃陣は心配です。個人的には、ピッポを起用してほしいですが。 
 

 なんとかコンディションを調整してチェコ戦にはフルで戦えるように整えてほしいです。
 現在、イタリアが勝ち点4で首位。チェコ、ガーナが共に勝ち点3.アメリカが勝ち点1です。
 


Photo_168 Photo_169

にほんブログ村 サッカーブログへ

ワンクリックで栄えるサイトがある!(パクリ;;)

|

« Damiano | トップページ | SAMOURAI BLUE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2275951

この記事へのトラックバック一覧です: グループE イタリア対アメリカ:

» ”ポルトガル40年ぶり決勝T進出”&”死のグループ本命はEだった!” [【しろうとサッカー研究所】]
ポルトガルが40年ぶりの決勝T進出決定イランに2−0で勝利しました デコがW杯初出場で素晴らしいスーパーゴールを決めました今大会ペナ外からのミドルシュートでの得点が多いけど、自らがフリーの場面からのシュートシーンが多いけど、デコのミドルは左サイドフィーゴ....... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 20:42

» アズーリ・・・〜 W杯9日目 〜 [TREQUARTISTA]
<ドイツW杯:グループD第2節> <ポルトガル 2−0 イラン> 得点者:63分、デコ、80分、C・ロナウド(PK)(以上ポルトガル) 【得点シーン】 63分、左サイド、フィーゴが中央に切れ込み、グラウンダーのパス。 これを走りこんだデコがペナ....... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 20:42

» E組イタリア対アメリカ。 [kasumidokiの日記]
サッカー、ワールドカップW杯、9日目イタリアvsアメリカ。 恐ろしいE組、再び! レッドカード出過ぎ!!!!死のグループだーーーー。 イタリア、トニ、チャンス!あわない。 トッティにイエロー。 アメリカペース? イタリアFK、オフサイド。 ... [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 18:26

« Damiano | トップページ | SAMOURAI BLUE »