« クレスポはミラン移籍希望 | トップページ | 05-06シーズンはインテルの優勝に »

2006年7月26日 (水)

第二戦は逆転勝利

 本日もタイガースから勝利しました。スコアは、5-2です。

 先発は、ドラゴンズが山本昌で阪神が福原です。

 初回に先制点を取られたものの、その裏に無死ニ三塁の好機を作るもここを決められず。
 その後は、息を呑むような投手戦。

 そして、試合が動いたのは6回の裏。ドラゴンズが同点に追いつくものの、またまた7回の表に勝ち越し点を奪われる。

 しかし、7回の裏はドラゴンズのビッグイニングとなりました。福留のタイムリーヒットとウッズの犠飛で3得点を奪って一気に突き放す。

 8回にも荒木のスクイズから点を奪い、投手リレーで繋いで勝利。

 これで、タイガースとのゲーム差は3.5に開きました。

 また、この試合で谷繁が捕手では4人目の通算2000試合出場を果たしました。見事、勝利で決めれてよかったですね。


Dragons_1

クリックの協力お願いします!

>

|

« クレスポはミラン移籍希望 | トップページ | 05-06シーズンはインテルの優勝に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2813777

この記事へのトラックバック一覧です: 第二戦は逆転勝利:

« クレスポはミラン移籍希望 | トップページ | 05-06シーズンはインテルの優勝に »