« 交渉決裂から一転 | トップページ | ブッフォンは残留!? »

2006年7月20日 (木)

バルサ移籍が目前に

 ユーヴェのザンブロッタ、テュラムはバルセロナへの移籍が寸前になっているようです。

 バルセロナはこの2選手の獲得に1799万ユーロ(約25億円)を支払うものとされています。
 ユーヴェ側もこのオファーには、レアルにカンナヴァロ、エメルソン、ザンブロッタを44億円で売るよりもバルサに25億円で売ることの方が魅力的だと感じているようです。

 特に、テュラムはほぼ合意の域に達していて数日中にも正式発表があるとされています。

 ザンブロッタは、チェルシー、レアルが興味を示していることもあってまだまだ分からないみたいです。
 そして、ザンブロッタ本人が国内残留希望の意を表明しているためにACミランへの移籍が一番現実的だと思います。ミランもオファーを出したとされています。インテルへの可能性も捨てきれませんが、グロッソ、マイコンとSBを取っただけにあまり可能性は高くないと思います。

 俺としては、ミランで見たいかな。国外移籍はあまり好ましくないです。


Photo_153Photo_154

クリックの協力お願いします!

>

|

« 交渉決裂から一転 | トップページ | ブッフォンは残留!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2730840

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ移籍が目前に:

« 交渉決裂から一転 | トップページ | ブッフォンは残留!? »