« イアクィンタが移籍へ | トップページ | バルサ移籍が目前に »

2006年7月20日 (木)

交渉決裂から一転

 レアルは、セリエBに降格したユヴェントスからカンナヴァロ、エメルソン、ザンブロッタの3選手の引き抜きを狙っていました。だが、移籍金の食い違いから交渉が決裂したとの情報が流れました。しかし一転して、この度レアルがカンナヴァロエメルソンを獲得したと報じられました。

 レアルが両選手の獲得に支払ったのは、2000万ユーロ(およそ29億4000万円)とのことです。

 現在、この2人はバカンス中なので、バカンスが終了し次第サンチャゴ・ベルナベウにて入団会見が開かれるとのことです。

 交渉決裂に至ったのは、ザンブロッタにバルセロナからもオファーが来ているのでより高い金額で売れる可能性があるためだと思います。

 意外とあっさり決まってしまいましたね。来期のレアルはたのしみですね。


Photo_150Photo_151Photo_152

クリックの協力お願いします!

>

|

« イアクィンタが移籍へ | トップページ | バルサ移籍が目前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2730768

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉決裂から一転:

« イアクィンタが移籍へ | トップページ | バルサ移籍が目前に »