« 王子 条件付きで代表続行 | トップページ | 球宴にて徳島対決 »

2006年7月21日 (金)

アッピアーとは相思相愛

 ASローマアッピアー(フェネルバフチェ)は相思相愛の仲とのこと。

  ユーヴェから移籍したものの思うようなプレーが出来なかったこともあり、イタリア復帰を熱望しているようです。

 相思相愛の仲ですが、唯一の障害となるとすればそれは移籍金の高さでしょうね。フェネルバフチェアッピアーの獲得の際に700万ユーロを支払ったとのこと。
 W杯ではいいプレーを見せてガーナ躍進に大貢献していただけに高そうです。

 しかし、パスセンスとマルチな才能は魅力的です。攻撃的MF、サイドハーフ、ボランチとこなせるだけにほしいところですね。運動量が豊富なことも魅力的です。


Photo_219

クリックの協力お願いします!

>

|

« 王子 条件付きで代表続行 | トップページ | 球宴にて徳島対決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2906177

この記事へのトラックバック一覧です: アッピアーとは相思相愛:

« 王子 条件付きで代表続行 | トップページ | 球宴にて徳島対決 »