« 親善試合レッジーナ戦にて | トップページ | ヴチニッチは不要 »

2006年8月 6日 (日)

ピサロ代理人のコメント

 現在、ASローマが狙っているとされているダヴィド・ピサロ。その代理人のフェルナンド・ヒダルゴ氏がラジオ番組にて交渉の現状についてコメントしました。

 『ASローマから何のオファーもないので、接触は全くない。ASローマは代理人である私にピサロの要求をしていない。インテルの幹部ブランカとオリアリとは頻繁に会っているが。現時点でピサロ獲得意思のあるクラブ名は挙がっていない。ただ、スパレッティ監督も個人的にピサロを良く知っているので、ASローマに移籍出来れば』

 とのコメント。
 オファーを出してないことより中盤の補強はアルー・ディアラになると思います。ディアラの獲得は早ければ今週中にもまとまるとのことです。


Pizarro_1

クリックの協力お願いします!

>

|

« 親善試合レッジーナ戦にて | トップページ | ヴチニッチは不要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/2948421

この記事へのトラックバック一覧です: ピサロ代理人のコメント:

« 親善試合レッジーナ戦にて | トップページ | ヴチニッチは不要 »