« ホアキンはヴァレンシア移籍希望 | トップページ | ピサロ獲得を考察 »

2006年8月17日 (木)

院宣試合結果や移籍いろいろ

 欧州各国の親善試合や移籍などいろいろありましたね。

 イングランドはベッカムを外したことが幸いしたのか、新キャプテンテリー、ロボットクラウチ、鉄人ランパードのゴールで快勝!

 ブラジルはW杯メンバーを外して挑んだものの引き分け。イタリアは天敵のクロアチアに敗れる。
 フランス、オランダ、ドイツと強豪国は順調に買っていますが・・・・・

 ラウールは代表キャップ100を刻みました。まだ若いのでこれからも伸ばしてほしいのですが。。。トーレス、ビジャ、ガルシア、ホアキン、レジェスと若手の突き上げが激しいので苦しいかな。

クリックの協力お願いします!

>

|

« ホアキンはヴァレンシア移籍希望 | トップページ | ピサロ獲得を考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/3100210

この記事へのトラックバック一覧です: 院宣試合結果や移籍いろいろ:

« ホアキンはヴァレンシア移籍希望 | トップページ | ピサロ獲得を考察 »