« | トップページ | きょうは(BlogPet) »

2006年9月20日 (水)

キッカーは(BlogPet)

きょう、ここに気持ちをスライディングしなかった。


 試合前にパヌッチがそのまま強烈なドリブルで攻めあがってクロスをフィリピーニ(そういえば双子が揃ってない)が頭であわすもゴール左に外れる。
さらに、P Kをトッティがニーノに決めてほしいんでしょうか。
 F K献上。
 1s t’ メクセスがゴール前にこぼれる。
これにトッティには合わず。
 ピサロのカットからメクセスの華麗なドリブルを基点に速い攻撃を見せる。
最後はトッティがご子息のクリスティアン君とともに入場。
終止、にこやかにあやすシーンが映りほのぼのとさせられます。
トッティに詰め寄る。
不敵な笑顔でトッティの前にはトッティが蹴るも外れてしまう。
 開幕戦の開始を告げるキックオフ。


 3p t’このP K後に帰宅したトッティからパスを出すもトラップミス(狙って落とした??)も右から走りこんできたニーノが受けるもシュートには合わず。
触れば1点という場面でしたね。
D Fにカットされる。
  13p t’ 大活躍のアクィラーニに代えてタッディ投入。
 開幕戦の開始を告げるキックオフ。


 3p t’このP K前にフィード。
これに対してスパサカで褒められまくったでしょうね! 35s t’ 殺人技が目立っていてコンディション不足を心配していたらスパ監督がお着替え中。
前半は押される時間帯もありましたが徐々に落ち味のサッカーを見せましたね。
げんかつぎでしょうか。
 8p t’このP K失敗後。
デ・ロッシのロングパスを受けてオーバーラップしたペロッタにクラッシャー・クフォーのスライディングに止められる。
  前半終了間際にローマが先制点を挙げる。
 1s t’ 大活躍のアクィラーニに代えてニーノが左足でシュートもサイドネット。
 29s t’このP KはP Kをトッティが詰めるも惜しくもサイドネット。
これをトッティがマンシーニの足技は多彩でおもしろいですね。
前半は白いポロシャツ、後半P K失敗後にベンチではありません。
 31p t’ C Kに。
ショートコーナーからダニレヴィチウスがシュート。
しかし、足がつっただけのようでよかったよかった。
パヌッチのロングフィードにアクィラーニが相手を引っ張って黄紙をもらう。
 ピサロは交代後には先日なくなったインテル会長ファケッティ氏を偲んでのリターンパスはクフォーに当たりコースが変わってゴールに入りそうでした。
 26s t’このP Kをトッティがご子息のクリスティアン君とともに入場。
終止、にこやかにあやすシーンが映りほのぼのとさせられます。
 47s t’ メクセスのロングフィードをロージが頭でマイナスに折り返す。
これにトッティが詰めるも惜しくもオフサイド。
 ピサロのロングフィードにアクィラーニがパス交換をしてアクィラーニが相手を引っ張って黄紙まで頂いてしまったピサロに代えてタッディ投入。
アクィ交代前にパヌッチが得たF K獲得。
キッカーは、トッティ、マンシーニ、トネットの3人。
マンシーニのスルーパスに抜け出すもクラッシャー・クフォーには力なくセーブされる。
その後、トッティの頭を撫でるもののトッティは苦笑いであっちに行けと言わんばかりに左手でクラッシャー・クフォーの壁に当たる。
 8p t’このP K失敗後。
デ・ロッシとパス交換をしペロッタがスルーをしましたが心配もどこへやらいいサッカーをしペロッタがダイレクトでシュートをたまらずアメーリアがセーブ。
このシーンは早くていい攻撃でしたが惜しくもゴール左45s t’ F Kから後半唯一のこの試合最大のピンチを迎える。
早いリスタートから裏に抜け出して受けるも惜しくも合わず。
 1s t’このP K前にフィード。
これに対してスパサカで褒められまくったでしょうね。
げんかつぎでしょうか。
 20s t’ パヌッチの兄貴!似てんな~ キックオフ前にこぼれる(この時点ですでにファール)。
こぼれ球に反応して左足でダイレクトで合わせるもセーブされる。
 試合を録画しておらず画像の挿入ができなかったのでしょうね! 36p t’このP K後にクラッシャー・クフォーに阻まれる。
その後、スローインからボールを奪われたアクィラーニがパス交換をしましたね。
そのマンシーニに浮かしたオシャレなパスをニーノが競り合ってトッティのマークについてしまうクフォー。
 ピサロは交代後にはトッティが裏に抜け出すもオフサイドではスパ監督も厳しいコメントを出してほしかった。
たまに見せるメクセスとキブ(出場停止中)の持ち上がりは強烈ですね。
D Fとは思えないドリブルの上手さ。
 2s t’ アクィラーニのパスを出す。
ペロッタがハイボールの競り合いでパッソーニにパチキを喰らい一旦外に出るも大惨事には先日なくなったインテル会長ファケッティ氏を偲んでの黙祷が行われました。
パヌッチのフィードをマンシーニがショートコーナーからデ・ロッシにマイナスのパスセンスを見せられずに黄紙。
 スーペル・コパではありません。
 29p t’このP Kをトッティがニーノにスルーパスを出しているだけに今後が気になります。


クリックの協力お願いします!

>




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トッちゃん」が書きました。

|

« | トップページ | きょうは(BlogPet) »

コメント

はじめまして。

>きょう、ここに気持ちをスライディングしなかった。

この書き出しにグッときました。
元祖ハンケチ王子・我らがフランチェスコも
本日で三十路ですね。祝!
そんな記念日に棚から牡丹餅のCLバレンシア戦!
わくわくですね。

でわでわ失礼いたします。

投稿: amor-roma | 2006年9月27日 (水) 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/3512539

この記事へのトラックバック一覧です: キッカーは(BlogPet):

« | トップページ | きょうは(BlogPet) »