« スパ監督がドナドーニを擁護 | トップページ | リヴォルノ戦召集メンバー »

2006年9月 9日 (土)

オッドがトッティを批判

 ラツィオオッドが代表復帰の問題で揺れているトッティを批判しました。

 『代表選手は代表戦に召集されれば公式戦、親善試合関係なくそれに全力を尽くすべきだと自分は考えている。『今回は行かないがいずれ代表に復帰する』というやり方はチームの同僚と監督に対する配慮に欠けていると思う。フランチェスコの選択に不満を感じながら一緒に働きたくもないし。』

 正直かなりきついコメントですね。アズーリでプレーしていく上で何も起こらなければいいと思いますが。
 こんなに揉めるのならば代表続行が代表引退かピシッと決めてほしいですね。これ以上この問題で揉めるようなことにならなければいいと思います。


Totti

クリックの協力お願いします!

>

|

« スパ監督がドナドーニを擁護 | トップページ | リヴォルノ戦召集メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80512/3377897

この記事へのトラックバック一覧です: オッドがトッティを批判:

« スパ監督がドナドーニを擁護 | トップページ | リヴォルノ戦召集メンバー »