« 開幕戦リヴォルノ戦結果 | トップページ | スタメン出場は203日振り »

2006年9月10日 (日)

スパ監督が開幕戦を振り返る

 スパ監督が2-0で快勝したリヴォルノ戦について振り返りました。

 前半、苦しい展開ながら終了間際に貴重な先制点を挙げたデ・ロッシについては、『前半はなかなか我々のリズムを作れずに苦しんだが、前半終了間際のデ・ロッシ(23=MF)のゴールに救われた。残念ながら時々彼は理性を失ってしまうが、我々にとっては必要不可欠な選手だ。』とコメント。

 完全復活に近づいているトッティについては、『彼本来のコンディションが戻って来た。ボール扱いもしなやかだった。』とコメント。

 今期もスパ監督のチーム作りから目が離せません!!


Photo_133

クリックの協力お願いします!

>

|

« 開幕戦リヴォルノ戦結果 | トップページ | スタメン出場は203日振り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパ監督が開幕戦を振り返る:

« 開幕戦リヴォルノ戦結果 | トップページ | スタメン出場は203日振り »