2006年5月15日 (月)

今シーズンを終え

 今シーズンも長いようでとても短いシーズンが終わりました。

 シーズンが開幕したころは昨シーズンと同様に低調でどうなってしまうのかと思ったけど、パレルモ戦に敗れて緊急合宿を開き、これからよくなっていくだろうと思った矢先、イタリアの至宝『アントニオ・カッサーノ』が逃げるようにしてレアル・マドリードに移籍して他に前線が怪我でいないのに(その当時、ニーノ、ノンダが負傷欠場)大丈夫なのかと思いました。メクセス問題の波紋で冬の選手が認められない状況。FWは、トッティ王子とプリマ上がりの選手しかおらずオカカのワントップで戦っていくのかと思ったが、まさかの王子のワントップにペロッタのトップ下。本来セカンドトップの選手なので上手く機能するのかと思ったけど、天性の才能で上手くボールを収めて機能した。ローマの中盤に飛び出しの上手い選手が多く揃っていたことも幸いです。しかし、王子をワントップで使うことによってマークがきつく足をひどく削られてしまいました。大怪我をする前には、足の治療で病院へ向かいろくにチーム練習に参加できなかったぐらいです。そのころは、普通の選手なら立っていることも困難な状況だったらしいです。そんな状況でピッチに立ち続けてチームを鼓舞し続けたことは感動の一言です!
 セリエA連勝記録も王子を欠きながらも、永遠のライバル“ラツィオ”相手に達成したことも嬉しかったです。連勝新記録達成までの道筋は、本当にドラマでした!王子が大怪我を負ったときには連勝も止まるのかなと心配したけどなんとか勝ち続けての記録達成です。
 スパ監督の熱い指導で昨シーズン不発だった多くの選手が息を吹き返し、本来の力(それ以上)を取り戻しました。王子、ペロッタ、デ・ロッシ、メクセス、パヌッチとすばらしい活躍を見せました。(マンシーニ、アクィ、クフレもです)シーズン中盤以降にスパ監督の熱い指導の効果が出てきて好調ローマが生まれました。他にも、昨シーズンはバラバラでチームワークの欠片もなかったローマに団結力を生みました。日ごろからチームの団結を呼びかけたり、チームでの食事会を行ったりしてチームの結束を深めました。ゴール後の祝福は団結しまくっている証です。頭をパチパチ叩きあったり、試合後にジオロンド(手を繋いで輪になって踊る)をしたりしているのを観ていて本当に団結しているなと思いました。
 来期も、スパ監督の熱い指揮に期待です。

 
 最後に、来シーズンも熱く熱くローマについて語っていくのでこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m
 


Photo_10










  サイト繁栄のため クリック お願いします .

| | コメント (0)

最終節 ACミラン戦結果

◎ASローマ×ACミラン (A)    1-2


【得点者】
 メクセス 36pt’
 ミ:カカ(PK) 5pt’  アモローゾ(PK) 46st’
  

【メンバー】
 ・ASローマ
  GK:32.ドニ
  DF:2.パヌッチ(C) 3.ボヴォ 5.メクセス 25.クフレ(>28.ロージ 35st’)  
  
MF:15.ダクール(>10.トッティ 34pt’) 16.デ・ロッシ 17.トンマージ 20.ペロッタ 30.マンシーニ(>7.アルバレス 25st’)  
  FW:11.タッディ

 ・ACミラン
  
GK:1.ジーダ
  DF:4.カラーゼ 13.ネスタ 17.シミッチ(>2.カフー) 27.セルジーニョ  
  
MF:8.ガットゥーゾ 20.セードルフ(>10ルイ・コスタ 23st’) 21.ピルロ 22.カカ  

  FW:9.F・インザーギ(>37.アモローゾ 37st’) 11.ジラルディーノ



【警告】
 :マンシーニ9st’ トンマージ23st’ デ・ロッシ31st’ 
 :ガットゥーゾ33pt’

【退場】
 ロ:ボヴォ45st’

〖内容〗
 セリエA最終節で、ASローマはCL出場権ACミランはスクデットを獲得するために両チームともに勝利が最低条件となっており、両チームのガチンコの熱い試合となるはずでした。観客もそうゆう試合を期待して満員となっていたのだが、一人の人物によって試合をぶち壊されてしまった。その人物とは、公平に試合を裁くべき立場にある主審のデ・マルコです。現在イタリアサッカー界では、審判の問題が物議を醸している中、彼の昨日の試合裁きは明らかに買収されているとしか思えないような裁き方をしました。昨日も試合途中に書いた通り、ミランには2つのPK(1つは明らかな誤審)をプレゼントして、ローマからは2つのPKを取りませんでした(見ない振り??)。ネスタが審判の目の前でハンドをしたのに流したのを見たときは怒りを通り越して呆れてしまいました。
 試合展開は、不可解なPKで点を失ったローマが試合をコントロールしチャンスを作り出しました。一方、ミランもカカ&セードルフのドリブル、ジラのポストプレー、ピッポの飛び出しと得意な形を作ってハラハラドキドキの試合をしました。とくに、セードルフとカカのドリブル突破は脅威そのものでした。
 迎えた前半34分にフリーキックから貴公子メクセス様の執念のヘッドで追いつきました。同時に、ダクールに代えてトッティ王子の投入。この日の王子W杯に向けて怪我をしないことと怪我明けということで慎重さとミスが目に付き、あまりボールに絡んでいませんでした。だが、怪我明けでもさすがの王子で後ろを向きながらもヒールでオシャレなパスを出したり
(これは、タッディが反応しきれず・・・)こら~!!ペロッタへの絶妙アーリークロスと見所はありありでした。
 向かえた後半45分にペナルティーエリア内でボヴォジラを引っ張ってしまいPK献上。PK献上は致し方ないのだが、一発退場って!!厳しすぎだろ!!さすがに、黄紙だろ!!と思いました。このPKをサンパウロFCから加入した元セリエA得点王アモローゾに決められて勝負ありとなってしまいました。
 個人的には、この試合のMVPはデ・ロッシあげたいです。あまり目立ってはいなかったのですが、中盤での堅実なパス捌き、そして何と言っても守備での貢献はものすごいものでした。カカの強烈なドリブルをペナルティーエリア内では落ち着いてファールなしできれいに止めていました。あのプレーがなければ、あと数点やられていたかもしれません。あのプレーを見て、今シーズンややいつものガッツが見られず不安定だったリンギオよりもデ・ロッシの方がアズーリの中盤に当てはまると・・・ピルロとの共存もテストマッチにて証明されたし。まぁ、決めるのはリッピ監督ですが・・・
 今シーズンの締めくくりということでかなり期待していたので、デ・マルコのクソ審判には失望です。CL出場が叶わなかった以上に最終節であんな審判のクソ裁きを見させられたことがムカつきます!!審判全員がコッリーナさんのようなすばらしい試合捌きをしろとは言いませんが、せめて(少々のホーム・アウェーはしょうがないとして)公平に試合を裁くようにはしてほしいものです。どんなに強いチームでも、11vs14ではさすがに勝ち目がありません。来期は、審判も一掃されると思うのでそこのところに期待したいです。
 
 あと、優勝を飾ったユーヴェには祝福の『し』の字すら送っていません!!送るのはただのブーイングです。本当にあんな汚いことをしていたのならセリエCからやり直してきてください。


Photo_9 Ac_1











  サイト繁栄のため クリック お願いします .

| | コメント (4)

残念,無念,また来年・・・

 ASローマ対ACミランの試合は1-2でローマが負けてしまいました・・・

 フィオレンティーナが勝ったために来期のローマのCL出場はお預けとなってしまいました。
 試合の方は、MVPは間違いなく極端にミランよりだった審判でしょう。ミランには2つのPKをプレゼントして、ローマからは2つのPKを奪いました。
 ミランのPKですが、2つ目はDFが引っ張っていたために妥当ですが、1つ目のはどうしても納得がいきません!!PK後に、デ・ロッシがペナルティーエリア内でネスタに引っ張られていたシーンは明らかにクフレが犯したファールよりもひどいものでした。後半も、王子が放ったシュートをネスタがハンド(肘)したのだが、ここでも審判は正面から見ていたにもかかわらず流しました。あの位置から見ていてPK取らないのはありえないでしょう。
 普通に見ていて、こいつも買収されているんじゃないのかの思いました。今のイタリアサッカー界の関係者は審判も含めて全てが信用できない。はやく解決してほしいものです。
 これで、ローマに残されたCL出場はユヴェントスのセリエBへの降格のみになってしましました。ローマがCLに出場できるなら俺は喜んでユーヴェのセリエB降格を願います。それ相当のことをしているのだし、やはりCLでチームが出場しているところは見たいです。それに何と言っても、自称四国一のアンチ・ユヴェンティーノですし。

 試合の詳細は、また明日載せます。まだ、スカパーとDVDプレイヤーとの録画連動ができていないので画像はまた後日載せれたら載せます。



  サイト繁栄のため クリック お願いします

| | コメント (4)

2006年5月14日 (日)

現在のフォメ

 王子投入後のフォーメイションです。デ・ロッシとトンマージの位置が逆かもしれません!!

    

                 10.王子

                20.ペロッタ

   30.マンシーニ                    11.タッディ
              17.聖人  16.デ・ロッシ  

      25.クフレ  3.ボヴォ  5.メクセス  2.パヌッチ

                  32.ドニ



     サイト繁栄のため クリック お願いします

.

| | コメント (0)

同点ゴ~~~ル!!

 5.貴公子メクセス様のゴールで同点に追いつきました!!!フリーキックをジラルディーノに競り勝ちながら執念のヘッド!!

 そして、前半3数分!!ついに、ダクール師匠に代わってバンディエラ・トッティ王子が投入!!
 流れは完全にローマペースなんでみなさん熱い応援を送りましょう!!

 本当に、あの(微妙な)PKがなければと。。。

00000512_totti










  

  サイト繁栄のため クリック お願いします

.

| | コメント (0)

王子 アップ開始

 王子がアップを開始しました!!まだ前半20分ほどですが後半開始からの出場が濃厚です。
 マンシーニが頭を打ったみたいです。なんともないようなので安心です。

 試合展開は、ミランに先取点を取られたが相手が引き気味であるためにローマがペースを掴んでいます。ピッポ・インザーギには注意しないと一発で点を決める力があるので危険です。

 遅れましたが、スタメンを載せておきます!!


                  11.タッディ

                  20.ペロッタ

     30.マンシーニ                  17.聖人
              15.ダクール  16.デ・ロッシ  

       25.クフレ   3.ボヴォ   5.メクセス  2.パヌッチ

                    32.ドニ



です。期待しましょう!!両チームとも怪我には気をつけて。


Photo_6 Ac










  サイト繁栄のため クリック お願いします

| | コメント (0)

摩訶不思議 ミラン戦

 あんなのでPKはおかしいだろ!!ありえん(-_-;)
 クフレだったから印象が悪かったのか!?けど、あのクロスは引っ張らなくてもって思った!!
 まぁ、しっかり決めるあたりは、さすがカカだなって・・・PKは本当におかしいだろ!!


 それにしても観にくい!!日差しと両チームのユニフォームのせいでって悪いのは3rdユニ(オレンジ色)を着ているローマの方だけど・・・アウェーユニ(白色)でいいんじゃないと思いますが、、、
 あと、注目のトッティ王子はベンチからのスタートです。観客は満員で最高の試合になりそうですね。


       FORZA  AS Roma !!!

              サイト繁栄のため クリック お願いします

| | コメント (0)

2006年5月13日 (土)

運命のミラン戦 スタメン予想

 ついにセリエA最終節ミラン戦が行われます。

 そのスタメン予想です。


◎ASローマ

GK:32-ドーニ
DF:2-パヌッチ、3-ボーボ、5-メクセス、25-クフレ
MF:16-デ・ロッシ、15-ダクール、11-タッデイ、20-ペッロッタ、30-マンシーニ
FW:10-トッティ
(控え:1-クルチ、4-クフォー、14-ハルジャ、17-トンマージ、7-アルバレス、28-ロージ、40-ノンダ)



ACミラン

GK:1-ジーダ
DF:2-カフー、13-ネスタ、4-カラーゼ、27-セルジーニョ
MF:8-ガットゥーゾ、21-ピルロ、20-セードルフ、22-カカ
FW:11-ジラルディーノ、9-インザーギ
(控え:16-カラッチ、5-コスタクルタ、17-シミッチ、18-ヤンクロフスキ、14-フォーゲル、10-ルイ・コスタ、37-アモローゾ)

です。アクィは間に合わなかったみたいです。キブは出場停止でしょうか??痛いです。
ミランもシェフチェンコが靭帯損傷のために欠場。両チームのガチンコの戦いが見れると思います。

 スポナビより


Cf_ar_505_1 Cf_ac_505








サイト繁栄のため クリック お願いします

.

| | コメント (0)

2006年5月12日 (金)

コッパ決勝戦2NDレグ結果

 サンシーロでのコッパ決勝戦2ndレグで、ついに王子が復帰しました。なんと、あの大怪我から81日ぶりの公式戦出場です。残念ながら、復帰ゴールはお預けです。
 しかし、試合のほうは3-1で敗れて2年連続でインテルが優勝を果たしました。ローマで、得点を挙げたのは最近怪我を治療したシャヴァ・ノンダです。

  ロ:ノンダ 80’
  イ:カンビアッソ 6’  クルス 45’  マルティンス 77’

 が全得点者です。やはり怪我人や出場停止者が多かったのが響きましたね。残念ですが、気持ちを切り替えてリーグ戦に切り替えてほしいですね。


 ローマのスタメンを載せます。

GK:ドニ
DF:パヌッチ  ボヴォ  キブ  クフレ
MF:ハーリア  ダクール  トンマージ  ロージ  マンシーニ
FW:オカカ

 です。遅れましたが、王子復帰本当におめでとう!!最終節は期待してます!!シャヴァもおめ~!!
 あと、この試合のMVPは優勝したインテルの選手はもちろん、
インテリスタにも送りたいです。王子が交代で出場を果たしたときに、駆けつけたローマファンはもちろんですがインテルサポーターからも拍手喝采が起こったみたいですね。審判問題よりも、こういう暖かいニュースが続出してほしいですね!!

20051123t143739z_01_nootr_rtrjonp_2_japa_1

祝!!王子復帰!!!! クリック お願いします

.

| | コメント (0)

2006年5月11日 (木)

帰ってきたウルトラ王子様

 昨日、王子の復帰はいつになるのかという記事をアップしたばかりで申し訳ないのですが、トッティ王子がついについにコッパ決勝戦にて復帰するようです。
 スパ監督が、インタビューにてトッティ王子のベンチないしはスタメンでの復帰を名言してくれました。
 日曜日のトレヴィーゾ戦での復帰が発表されていたのだが、直前に高熱に見舞われてしまい復帰お預けになってしまいました。
 今回は、通常の練習に参加し、復帰に向けて調整しているみたいです。しかし、その練習では(病み上がりの為に)いつもの王子らしいプレーが見られなかったらしいので少し気がかりです。

 いやいや、今回はピッチに立ってもらってローマを勝利に導いてもらいたいですね!!

Sp9




サイト繁栄のため クリック お願いします

.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧