blog-by-kurotti.cocolog-nifty.com > 選手名鑑

ガブリエル・オマール・バティストゥータ

ガブリエル・オマール・バティストゥータ

 男の中の男、ストライカーの中のストライカーのバティについて語りたいと思います。
 00-01シーズンにフィオレンティーナからローマに移籍して、そのシーズンに20ゴールをあげてスクデット獲得に大いに貢献しました。しかし、そのシーズン以降は身体的な衰えが見え始めてゴール数・出場数ともに減少し、02-03シーズンの冬にインテルに放出されてしまった。
 この人のゴールは常に豪快で、彼があげたゴールは“バティーゴール”と呼ばれています。右足から放たれるシュートは超豪快で威力スピード共にすごいものです。
 アルゼンチン代表では長年ストライカーとして一線を張ってきたが日韓W杯の予選ではクレスポのブレークもあり控えに回ったが、本戦に入るとまたスタメンに戻った。“死のグループ”の緒戦のナイジェリア戦では決勝ゴールを上げてまだ終わらないということを示したが、その後不発に終わりチームも屈辱の予選敗退に終わってしまった。その瞬間に彼がベンチで涙を流したシーンは多くのサッカーファンの胸を撃ったと思います(俺は泣きました)。
 現在は、現役を引退しブランドを立ち上げたみたいです。これからも注目の人です。


1986-1987 レコンキスタ・サンタフェ (ARG)
1987-1989 ニューウェールス・オールドボーイズ (ARG)
1989-1990 リーベルプレート (ARG)
1990-1991 ボカ・ジュニオルズ (ARG)
1991-2000 フィオレンティーナ (ITA)
2000-2002 ローマ (ITA)
2002-2003 ローマ (ITA) (1月まで) → (1月から) インテル (ITA)
2003-2004 アル・アラビ (QAT)