blog-by-kurotti.cocolog-nifty.com > 選手名鑑

アルベルト・アクィラーニ

アルベルト・アクィラーニ

 この人も、デ・ロッシと同じくローマユース出身で将来を渇望されている若い選手の一人です。しかし、デ・ロッシとは違って03-04シーズンにはトリノへと武者修行に出されているのでローマユース出身生涯ローマ一筋にはなりません。残念ですが。しかし、レンタル先のトリノで順調に修行を積んだことにより頭角を現しました。レンタルバックで帰ってきた04-05シーズンには途中出場ながらもセリエAの試合でちゃくちゃくと経験をつみ順調に成長しています。
 始めてこの人を見たのは04-05シーズンの開幕戦のヴィオラ戦です。その試合では、で・ロッシに代わって途中出場でした。パッと見はかっこいい選手だな~誰だろ??と思っていました。個人的にはその試合で一番輝いていました。味のあるドリブルに、的確なパスに、強烈なミドルシュートを見せて解説者も将来有望な選手とベタ褒めでした。
 05-06シーズンはダクール師匠やフォワード陣の怪我がありデ・ロッシと中盤で組みました。本来は、この人は10番タイプの選手でトッティ王子の後継者とされていたのですがボランチでも結果を残しマルチな才能も見せました。パスセンス、ドリブルのテクニック、豊富な運動量、シュート力と司令塔に必要な要素を高水準で持っています。ただ、司令塔タイプの選手なんで守備はお世辞にも上手いとは言えなかったです。しかし、05-06シーズンは、守備能力の向上がとても目に付きました。将来はローマの司令塔として輝いているところが目に浮かびます。
 11連勝を飾った永遠のライバルのラツィオ戦でもゴールを決めました。だが、あとイエローカード1枚で出場停止になるにも関わらずユニフォームを脱いで喜びを爆発させました。次節はインテル戦でしたが、もちろん出場停止になりました。しかし、クールそうに見えるがローマの選手らしく熱い一面を見せました。ゴール後に、ベンチに入っていた王子とハグっているところは
感動しました。
 容姿もさることながら、プレーも軽やかで楽しみな選手です。来期も、この人から目が離せません。将来の“イル・プリンチペ”に期待です。